メニュー

産院選び「3つのQ&A」

ホームページをご覧いただきありがとうございます。簡単ではございますが、当院が考える無痛分娩産院選びについてご紹介させていただきます。

Q1.麻酔科医の無痛分娩って何ですか?無痛分娩って全部一緒じゃないのでしょうか?

無痛分娩には、

「産科麻酔のスキルがある産婦人科医が行う方法」と

「麻酔科医が分娩に立ち会い麻酔管理を行う方法」があります。

当院は、麻酔科医(女医)が分娩に立ち会い麻酔管理をしています。

Q2.なぜ、麻酔科医が管理する方法で行っているのですか?

「産婦人科医はお産に専念」「麻酔科医が麻酔に専念」する体制が安全面で理想的だからです。

産婦人科医も麻酔科医も同じ医師国家試験に合格し、医師になりました。

しかし、専門分野が異なります。

麻酔科医は「麻酔」が専門であり、痛みを取り除く高いスキルがあります。

無痛分娩の麻酔は、硬膜外麻酔という方法で、硬膜外カテーテルというものを使います。

硬膜外麻酔は一般的な手術でもよく行う麻酔手技です。

(無痛分娩以外の手術麻酔からも経験が増え、同時に対応力も増えています)

麻酔科医が立ち会うメリットは、異変があった場合の早期発見が出来ることです。

早期発見出来れば、経験からすぐに、専門的な対処、安全対策を講じることが出来ます。

迅速で適切な処置を行えることは、後遺症などの重大な影響を及ぼしにくくすることに繋がります。

また、麻酔による合併症が起こった時も専門的な対処が出来ます。

以上の理由から、産婦人科医×麻酔科医のタッグが一番『安全』という考えのもとに、当院ではこのような体制で行っています。

~硬膜外麻酔に慣れている麻酔医師の立ち会いが一番『安心』~

Q3.施設を選ぶ際のポイントはありますか?

「無痛分娩」に正しい知識と経験がある医師がいるところを選んでください。

そして、バックアップ体制も大切です。母体と共にお子様を専門的にフォローできる小児科医も常駐していることが望ましいです。

もし、当院を選んでいただけましたら、無痛分娩チーム(産婦人科医・麻酔科医・小児科医・助産師)が全力でサポートさせていただきます。

当院の小児科医は、お産や急患対応のために24時間体制で待機しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME